ホーム > 事業内容:治験支援事業

治験支援事業

向精神薬の治験に特化した国内随一のSMOです。

新薬開発支援部は、精神・神経領域で豊富な治験実績を持つSMO(治験施設支援機関)です。
精神薬理に精通した精神科医が勤務する医療機関での治験実施を支援しています。

代表挨拶

トライアドジャパン新薬開発支援部は、精神・神経科領域に特化したSMO(Site Management Organization: 治験施設支援機関)として、2000年に設立して以来、精神・神経科の専門医が実施する治験について、CRC業務をはじめ治験事務局業務および治験審査委員会事務局業務などあらゆるサポートを行い、治験が的確かつ円滑に進められるように日々取り組んできました。

当社新薬開発支援部では、精神・神経科領域に特化した専門的知識と豊かな人間性を備えたCRCを育成し、より良い治験環境の構築を目指しています。

日々の業務に当たっては、被験者の人権の保護、安全性の保持および福祉の向上を図るとともに、SMOとして臨床試験データの取り扱いに関する不正行為を防止し、受託した臨床試験の科学的な質と成績の信頼性を確保し、実施医療機関を支援していきます。

今後とも、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


治験の立上げから実施〜終了までをフルサポートします。

新薬開発支援部では、CRC業務、治験事務局業務および治験審査委員会事務局業務を行い、治験の立上げから実施〜終了までをフルサポートします。

CRC業務
 ・医師・看護師、被験者、治験依頼者との情報交換
 ・被験者の背景因子などのチェック、スケジュール管理
 ・プロトコル遵守のための確認
 ・被験者へのインフォームドコンセント補助
 ・治験薬の取扱説明
 ・有害事象への対応補助 など
治験事務局業務
 ・必須文書の作成
 ・保管
 ・各種契約書作成
 ・締結補助
 ・費用の請求
 ・支払い補助 など
治験審査委員会(IRB)事務局業務
 ・IRB開催準備
 ・IRB議事録作成
 ・必須文書の作成
 ・保管 など

※CRC(Clinical Research Coordinator )治験コーディネーター

新薬開発支援部実績

(2009.1~2017.1)

  対象疾患 プロトコル数 契約症例数
成 人 統合失調症 21 226
うつ病 17 469
双極性障害 10 66
アルツハイマー型認知症 7 97
不眠症 7 92
アルコール依存症 3 215
その他 5 122*
小 児 自閉症障害 2 12
統合失調症 4 34
ADHD 5 54
*その他内訳
  • RLS2
  • 成人ADHD2
  • BE(MIL)1

新薬開発支援部の組織図

CNS薬理研究所組織図

事業所一覧

・東京支店
  〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-11
・本社
  〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-14-20

2000年から治験施設支援業務を行っています。

2000年7月 メッドスクエア株式会社CNS薬理研究所神奈川オフィス 開設
2007年7月 東京支店 開設
2008年2月 メッドスクエア株式会社からトライアドジャパン株式会社へ業務統合
2009年3月 名古屋オフィス、小倉オフィス開設
2012年5月 CNS薬理研究所小倉オフィス 閉鎖
2012年10月 CNS薬理研究所名古屋オフィス 閉鎖
2014年9月 東京支店を代々木に移転

新薬開発支援部の法令遵守規範(コンプライアンス・ポリシー)


新薬開発支援部は、信頼のある業務遂行に向けて、実施する全ての業務について、法令を遵守し、業務を適正に遂行するための規範を定める。

1. 生命の尊厳
治験の科学性、倫理性、客観性の確保に最善を尽くし、また、被験者の人権・安全・福祉の保全に最大の配慮を払うこと。

2. 各種法令の遵守
治験支援業務、営業活動等を行うにあたっては、厚生省令第28号「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP)を始めとする各法省令・規則等を遵守しなければならない。

3. 独占禁止法及び関連法の遵守
私的独占、不当な取引制限(カルテル)、不公正な取引方法を行わない。

4. 不正競争の禁止
営業秘密・情報などの不正取得・使用等の不正競争行為は行わない。

5. 贈賄の禁止等
国政府・地方公共団体、独立行政法人化された国公立病院、療養所等の職員に対する贈賄や不正な利益の供与・申し出・約束をしない。また、取引先に対する贈答・接待等は社会通念上妥当な範囲を超えて行わない。

6. 利益相反行為の禁止
誠実に業務を遂行し、会社の利益に反する行為を行わない。

7. 情報の適切な管理
被験者情報、機密情報、その他業務上で知り得た営業機密、並びに個人情報については、その保護及び管理に最大限の注意を払い、流失・漏洩の防止に努める。

8. 反社会的勢力への利益供与の禁止
反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を持たない。

事業内容 SERVICE

  • 会社概要
  • 沿革
  • 研究開発業績
  • 薬局事業
  • 治験支援事業
  • クリエイティブ事業
  • 店舗一覧
  • 採用担当者より
  • 新卒採用情報
  • 中途採用情報
  • 薬局見学会・会社説明会日程表
  • 先輩スタッフの声
  • エントリーフォーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針